スタッフインタビュー - 磯崎 由佳

ボーカル兼任ピアノ講師
磯崎 由佳
Yuka Isozaki
- message
音大卒業後、就職活動が上手く行かず、音楽から離れる事も考え始めていました。

Interviewインタビュー

-- 音楽を始めたきっかけは?

姉がエレクトーンを習っていて、「私も習いたい!!ちゃんと練習するから!!」と両親に懇願したのがきっかけです。ありきたりなお話ですね(笑)
と言っても、本格的に音楽に向き合うようになったのは中学生になってからです。ピアノの先生になる事が夢になり、それまでエレクトーン一本でしたが、ピアノにのめり込んでいきました。

-- 応募の動機を教えて下さい。

音大卒業後、就職活動が上手く行かず、音楽から離れる事も考え始めていました。
卒業後は1年間、音楽と接点の無いフリーター生活をしていたのですが、どこか虚しい、味気ない日々を送っていました。

そんな時に、自分がレッスンを受けていた先生から、講師のお話を頂きました。これは、ひとつのチャンスだと思い、それから先生のお手伝いをするようになったんです。
それからしばらくして、講師として新たな舞台を探していたときに、見つけたのがBeeミュージックスクールでした。
当時はまだ赤羽校しかありませんでしたが、今後の成長を予感させる「何か」を感じたのが、応募のきっかけだったと思います。

-- 働いてみたBeeの印象は?

私がBeeに入った頃は、まだ赤羽に2校しかない小さな教室でした。
生徒さんと先生の仲が、とても良いのが印象的で、いつも笑顔の絶えないスクールだったと思います。

それから、生徒さんも働くスタッフも数は増えて、赤羽、池袋、渋谷、新宿とスクールの規模は、かなり拡大しました。
それでも、どこの校舎にいっても、当時と同じアットホームな雰囲気が、しっかりと残っていて、これからもずっとそれは無くなる事はない。それが、Beeの良さかも知れません。

-- Beeで一番印象に残っていることを教えて下さい。

春と秋に行う、年2回の発表会ですね。
Beeでは、生徒さんに目標を持って頂く為に、発表の機会を設けています。生徒さんは出演するだけでなく、そこで音楽が好きな共通のお友達を増やしていく事も楽しみにしておられます。

毎回出演される生徒さんもいらっしゃって、その熱意と行動力には大きな刺激を受けます。回を重ねる毎に成長する姿を見ていると、「日々精進」なのだなぁとつくづく感じます。

-- 今後の目標を。

色々な方に、音楽や楽器に対する苦手意識を無くしてもらう事が、今後の目標です。
音楽が苦手だな…歌うの苦手だな…と思っている方に「音楽はこんなに楽しいんだよ~!」「こんなに気軽に出来るんだよ~!」と伝えて、新たな楽しみに気付いて頂ける、きっかけになれたら嬉しいですね。

というのも、私がプライベートで活動しているジャンルは、主にクラシックなのですが、どうしても敷居が高い印象があるようで、拒絶反応を示される方も少なくないんですね。 でも、そんなことはなくて、誰にでも楽しんで頂けるのが、「音楽」だと思うんです。
「音を楽しむ」という文字の通り、「音楽」をもっと身近に感じて頂けるような講師になりたいですね。

-- 「好き」を教えて下さい。

私の「好き」は、美味しいご飯と、美味しいお酒を飲む事です(笑)
歌を歌ったり、何かを表現をしたりすると、どうしてもお腹が空きます。その後のご飯とお酒!最高です!

他には、お散歩が好きです。のんびーり歩いていると色々な発見があります。普段見つけられない小さな幸せが転がっている事、結構ありますよ♪

-- メッセージをお願いします。

好きな音楽を仕事にすることは、ある意味とても大変な事だと思います。でも、好きな音楽だからこそ、続けられる!と私は考えています。

音楽を通して、色々な人と繋がっていく事の喜び、生徒さんが上達した時の達成感を感じましょう。そして、この喜びを一緒に分かち合いましょう!たくさんの方のご応募お待ちしてまーす!

“音楽”を仕事にして、“音楽”の楽しさを伝えるスクールへ

応募はこちら